リライトって何?

リライトって何?

私はリライトという言葉をこのサイトを始めてからよく目にするのですが、先ほどやっと意味がわかりました。

リライトは、もう一度文章を書き直すことでした。

結構頻繁に私のブログ記事は書き直されています。

まさにこのことをリライトというらしいのですが、あまりやりすぎてもいけないという記述もよく見かけました。

私がリライトしている理由は沢山あります。

記事を書いては、過去の記事中の内容と関連があれば、内部リンクというのですよね、それを貼り付けてみたり、頂きましたイラストを記事中に掲載したり、誤字がないといいのですが、表現の都合上変えたほうがいいという時も含めて誤字を直したりしています。

それだけで2017年12月8日に始めたばかりの頃の日記ですら既に3~5回更新されてたりします。

リライトの理想は、1ヶ月に1回程度みたいなのですが、ちょっと素人の私には基礎も土台もないため今のように気づいたら直す、を繰り返すしかないです。

私にもう少し先生というかアフィリエイトの手本となる方がいらっしゃるといいのですが・・・

などと思いまして、ふらふらといろいろなサイト、ブログを見て回っています。

真似したいと思うようなサイト、ブログに出あえれば、もう少しまともなサイトになるのかなーなんて思ってみたり。

そんな出会いを求めて記事を書いております。

ちなみに、新年が始まりもう2日目です。

早いですね、1日って。

ニュースを見ていても思います。いろいろなことが起きています。

それぞれのニュースにもキーワードがあるんだなーって思ったり、知りたいことは調べれば何でも出てきます。

いい時代だなーって思ったり。

そんな調べたことも今後雑記日記として掲載していこうかなって思います。

pipsとは

pipsとは

▼pipsの意味▼

pips(ピップス)の正しい意味を説明します。

正式名称は、「Percentage in point」の複数形の略です。

最小単位に対する1%をさしますので、円で言うなら1円の1%のこと。
つまり、1銭となります。

これがpipsです。

ドルで見るとセントが最小単位ですので、0.01セントが1pipsにあたります。
1ドルは、100セントなので、0.0001ドルが1pipsに該当します。

わかりにくいですが、最小単位の通貨に対する1%でよいかと思います。

▼pips表記が分かりやすいFX会社▼

ヒロセ通商GMOクリック証券外為オンラインDMM FXなど私が利用する4社が分かりやすい表記をしてくれていますので、一応掲載しますが、一応程度です。
どのFX会社も表記は見やすいです。
参考にされるなら、FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!でも一覧が出ていますので、確認してください。pipsの表記で分かることは、意味合いとは別に値幅の差でもあります。
狭い値幅ほどFX会社の手数料が低く、利益もあげやすいことに直結しています。

▼pipsをうまく利用▼

多くの資産運用のブログ、サイトを拝見しますと、pips表記で自分の収益を表現されていますね。

運用資産に対してpips表現をされているのならば、これは実に分かりやすい表記だと言えます。

資産100万円に対する1%=1pipsの表記ならば、1pipsの利益は、1万円となります。
資産1000万円に対する1%=1pipsは、10万円となります。
資産1億円に対する1%=1pipsは、100万円となります。

資産に対する1pipsの価値が平等です。
ですから、pips表記されています。

みなさんも自己資産に対するpips表記を気にかけてみてはいかがでしょうか?

イラストレーター:Ricco

▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!・・・私も参考にしています。




関連記事

FX用語集