ココナラハンドメイドで稼ぐ

▼ココナラハンドメイドで稼ぐためには▼

ココナラが運営するハンドメイド専門ショップサイトが、2017年3月より「ココナラハンドメイド」として始まっています!

 

みなさんはもう登録はお済みですか?

私も登録してみましたよ♪

作品の収入を上げたい!もっと多くの人に自分の作品を見てもらいたい!作品の知名度をあげたい!注目してもらいたい!人気の作家になりたい!と考えている作家さんは、是非サイトをご覧ください!

 

オープン記念で、今なら販売手数料0円キャンペーン中でお得に販売ができちゃいます!

(手数料無料のサイトは少ないため今だけのチャンスですよね!)

期間限定なので、始めるなら今でしょう(笑)

 

 

 

ココナラハンドメイドの登録、出品の仕方はどうか?

 

【ココナラハンドメイド】を実際に登録してみて思ったことは、

登録自体は大変シンプルです。

他のハンドメイドサイトと同様に、作家として登録する場合、まず新規の会員登録をする必要があります。

メールアドレスで登録 もしくは

Facebook、Yahoo!IDのどちらか

で登録が出来ます。

 

作品出品時には、住所登録なども必要ですが、他のハンドメイドサイトも同様なので他のサイトで経験済みだと思います。

既に他のサイトで販売を始めている人であれば、販売手段がもう1つ増えると思えば、良案だと思います。

左をご覧になってもらうと分かりますように、アクセサリー、ファッション、バッグ、財布・ケース、家具、インテリア雑貨、文房具、アート、人形、ぬいぐるみなど

多種のハンドメイドカテゴリーがありますから、色々販売できますし、趣味を実益を兼ねることが出来ます。

 

 

他の某大手ハンドメイド作品専門サイトでも「新着作品」として大々的に広告してくれないため、不満が募っている作家さんもいるはずです。

私もその一人ですが、ココナラハンドメイドのTOPページでは、その不安が解消されます。

新着作品として、人気問わず、出品順に作品の種類、ジャンルを問わず、掲載していただきます。

 

大変、平等という気がしています。

ですから、初心者の作家さんにも平等に作品が掲載されるという点で優しいサイトだと思います。

評判や口コミ以上に、見た目は大切ですから、ここでお気に入りの作品として登録してもらうことで、購入のきっかけとなる可能性が高いです。

 

更に詳しく、ココナラハンドメイドについて下記の記事にまとめました。



 

ココナラハンドメイドってどんなサイト?売れるの?特徴は?

 

ココナラハンドメイドはまだまだ知名度が低いサイトですが、魅力は溢れていますから、これから知名度も上がっていくと思います。

これから作家としてデビューしたい!と思う作家さんならば

「ココナラハンドメイドって大丈夫?」「ココナラハンドメイドで売れるの?」「決済方法とかどうするんだろう?」「本当に作品を見てくれるの?」

など思うことが多々あると思います。

調べましたら、日本最大級の知識・スキルの販売マーケットとして成長してきた「ココナラ」が運営するハンドメイドマーケットなのです。

つまり、知識や技術を多くの方に販売することに特化したサイトなのです。

ココナラの登録会員数も35万人もいらっしゃって、月間5万件以上の知識・スキルの売買が行われているのです。

 

利用者がこれだけいらっしゃるのですから、会社、集客に関しては心配いらなさそうです。

取引は、ココナラが仲介してくれるので、これも心配いりません。

また、他のサイトにもないわけではないのですが、それぞれのお取引で作家さんとメッセージをやりとりできるトークルームがあるので、カスタマイズの相談や要望をスムーズに伝えることができます。

ココナラは、知識・スキルを売買していたということですから、無形の物を多く扱われていたのです。そこにハンドメイドという形のある物が参加したと思えばわかりやすいと思います。

つまり、まだハンドメイドを知らない人が沢山いらっしゃるのです。

新規の顧客として獲得も可能なのです。

そういう意味でも注目のハンドメイドのサイトと言えますね。

 

ハンドメイドの作家、購入者、共に全てのサイトに登録している訳ではないため、ココナラハンドメイドにしかない客層があると思います。

他のサイトで全く売れなくても、こちらでは沢山売れる可能性があるのです。

どの作品がどこで売れるか分かりません。

あなたの作品を待っているお客さんがいるかもしれないのです。

他のサイトで登録、出品したことがあるのなら、基本的な機能は同じですから、コピペで済みますので、それほど手間にはならないので、オススメします。

 
私も現在ハンドメイドサイトをかけ持ちで行っています。

 

1年前にminne(ミンネ)を始めましたが、最初の半年はお気に入りに登録してもえるだけで嬉しい反面、全く売れるという感じはしませんでした。

最近になって、少しずつ売れるようになってきましたが、偏りを感じていましたので、今回ココナラハンドメイドに参加することにしました。

 

何らかのチャンスは、出会いだと思いますので、この機会に販売経路を増やすという意味で初めて見てはいかがでしょうか。

ハンドメイド販売はあまり売れないし、時間ばかりかかるからと辞めてしまおうと思っている作家のみなさん、あなたにしか作れない作品があります。

あなただから買いたいという購入者さんもいます。

でもあなたにまだ出会えていないということもあるのです。

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

ココナラハンドメイド公式サイトはこちらです。





minne(ミンネ)で稼ぐということ

minne(ミンネ)で稼ぐということ

これは作家なら誰でも考えることです。

自己満足だけでいいという事もあるかと思いますが、せっかくインターネット世界で多くの方に自分の作品を見てもらえる機会を得たのならば、これをいかすべきです。

では、実際にどのようなことをしたら、「稼ぐ」というところまでいけるのかが課題となります。

一緒に考えていきましょう。

参考になるのは、人気作家さんが実際にされていることです。

私が最初に購入した書籍を紹介します。

国内最大級ハンドメイドマーケットminneの売り方講座 [ minne ]

価格:1,728円
(2017/12/10 18:59時点)
感想(9件)

「国内最大級ハンドメイドマーケットminneの売り方講座」という書籍です。

基本的な売買の流れを含め、作家としての心構え、購入者への対応、成功作家さんの活動記録、など幅広く掲載されています。

始めてのminneでの作家として、売買を始めるなら必須とも言える書籍と言えます。

minneで作家として成功する、作品で生計を成り立たせる、稼いでいく、なら読んで損はない、と言えます。

 

書籍以外でも成功者の情報を得る方法はあります。

インターネット上で、ブログ、サイトで検索していくと作家として稼ぐことに成功している方々を見つけることが出来ます。

Yahooの検索で「minne 成功」、「minne 売れる」で検索をかけると、売れる秘訣をブログやサイトで掲載された場所を見つけることが出来ます。

こういう成功者のminne での稼ぎ方を少しでも学べば、自分が成功する近道、道しるべになるのではないかと考えます。

成功者の真似ばかりでは抜くことは出来ませんが、まず近づくためには真似ることも大切な要因だと思います。

次に出来ることは、検索をうまく活用しましょう。

検索ワードにより有益な情報を得ましょう。

 

「minne 人気」で検索をかけると、minneに登録している人気の作家、人気の作品が出てきます。

現在、何が流行っているのか、どんな作家さんが人気なのか、職人の技を盗むという感じで、トップクラスの作家さん達の人気の秘密を探りましょう。

多くの作家の方が、いろいろ工夫して販売後もフォローされていることにも気づかされると思います。

売っておしまい、ではないということです。

minneでの売り方の最大のポイント

minneで最も重要視しなければならないのは、写真です。

他のサイト、ブログでもほぼ皆、同様に画像、写真の重要性を語られています。

実際にminneで作品の画像を見てもらえば一目瞭然ですが、作品の名前、内容より、写真が真っ先に目に入ってきます。

つまり、第一印象が最重要と言えます。

この地点でどんなに良い作品であっても、写真写りが悪いというだけで目にも止まらない、クリックしてもらうことすらないのです。

1枚の写真の重要性が8割以上その作品の魅力を語っていると言わざるを得ないのです。

ですから写真にとことんこだわるべきなのです。

必ずしも写真を加工すればいい、という話ではないのですが、写真で作品の魅力を全てとは言わないまでも伝えきる勢いが必要です。

太陽光を利用すると時間帯によっては、光源として強すぎたり弱すぎたりします。また天気にも左右されます。

確かに温かみのある写真が撮れますが、作品の種類によってはあだになることもありますので、太陽光に固執する必要はないと思われます。

【1年保証】撮影キット 撮影ブース 撮影ボックス 70x70cm スクリーン 背景布3枚付属 撮影 写真 スタジオ ブース ボックス 撮影スタジオ 撮影用 スタジオボックス 写真撮影テントブース 写真撮影 撮影ブース 背景布 BOX 背景 スクリ-ン[送料無料][レビュー特典]

価格:4,536円
(2017/12/10 19:04時点)
感想(22件)

このような撮影キットを選ぶのも一つの手段だと言えます。

これを使えば確実、とは言えませんが、変な背景が映り込むのを避けることは出来ると思われます。

撮影自体がうまくいきましたとして、撮影で気をつけるべきことがあります。

作品撮影は作品の大きさ、利便性などを伝えたほうがより良い

大きさは大変重要です。すごく小さい物もあれば、すごく大きい物もあります。

普通サイズの普通の定義がない以上、しっかり購入者に伝える必要があります。

ネット世界では、手に取って作品を眺めたり、重さ、触り心地、大きさを伝えることは出来ません。

だからこそ、1枚の写真の中に、作品説明にそれらを記載したほうが購入者側の立場からすると親切と言えます。

写真が購入者の方に選んでもらう第一歩として8割以上の重要な要因であるのは間違いありませんが、残りの2割はいかにその作品が素晴らしいかを文章で伝えられるかにかかっています。

稼いでいらっしゃる作家さんはそのあたりが、大変上手に表現されています。

大きさは正確な数値だけでなく、他の参考になるサイズの物を並べることで比較しやすくしてみたり、重さは数値で掲載、触り心地は使った材料、材質、作品の名前で記載、など多種多様な方法で購入者の購買力を刺激していると言えます。

他にも努力するべきは、文章の表記だと思います。

見やすさ、段落の変換、購入者への気をつけて欲しいこと、配送までの注意など様々な部分で、注意する所があると思います。

しかし、これは少しずつ作品を投稿していく中で学んだり、他の作家の方を参考にしながら実行していけばよいと思います。

 

是非、売れる作家さん、人気の作家さん、稼いでいる作家さんになってください!




ハンドメイドについて

ハンドメイドという名前をご存知でしょうか?

最近、よく耳にする言葉ではあります。

意味としては、ハンドとメイドという言葉から察することも出来ますが、「手作り」ということです。

辞書などで調べますと、手製、手作り、人の手でつくること、などと出てきます。

ポイントは、手作りですから、機械などで作っていないこと、大量生産したものではないため1つ1つに違いが少なからずある、と言えるのではないでしょうか。

大量生産品は、全て同じであることが品質、コスト削減などの合理性を追求した生産方法ですから、ハンドメイドの品は、品質やコストも検討すべきことではありますが、全て同じ作品となるかは難しいと思います。

ハンドメイドの魅力は、そこにあります。

ハンドメイドは、個性であり、作り手の能力に左右されます。

ハンドメイドの魅力は、市販された誰にでも手に入る品ではなく、その作家が手作りしたからこその作品もあるので、個性的なもの、珍しいもの、変なものがハンドメイド品として出来る上がるのです。

 

もし自分で何かを作ったら、愛着を持って大切に使う、使ってもらいたい、ということはないでしょうか?

少なからず経験されたことがある人が多いと思います。

 

誰かの為に編んだり、プレゼントしてあげたくて作ったり、自分が欲しいものがないので自分で作ったり、そんな経験があるかと思います。

好きな漫画のキャラクターの絵を描いて飾ったりするのもきっとそんな延長にあるのだと思います。

 

ないものを作る、そんな楽しみがハンドメイドだとも言えます。

 

最近そんなハンドメイドが注目をあびています。

自分で作る楽しみ、それを購入したいという人、この関係をハンドメイド販売マーケットという形でお手伝いしてくれるサイトが沢山出来ました。

 

その一つとして、最大手のminne(ミンネ)が検索でも上位にくることから紹介します。

運営するのは、GMOペパボ(株)です。

証券、ブログ、ショッピングなど幅広いジャンルで知名度のある会社です。

minneの名前をクリックしてもらえば、サイトに移行しますのでご確認頂ければわかりますが、16種類のカテゴリーからハンドメイドの品々が並んでいます。

アクセサリーファッションバッグ・財布・小物家具・生活雑貨文房具・ステーショナリーニット・編み物陶器・ガラス・食器アート・写真ベビー・キッズぬいぐるみ・人形おもちゃペットグッズアロマ・キャンドルフラワー・ガーデン素材・材料食べ物

(2017/12/10現在)

となっています。

更にそこから、作品カテゴリーとして細かく分類されています。

調べましたら、2017年の登録作品数は325万点以上です。

これだけの種類の作品が登録されていれば、買いたい何かが見つかりそうな気がします。

 

ハンドメイドの品を手に入れたい!という方には頼もしい存在だと言えます。

一方で作り手側としては、これだけの数が出品されているので、自分の作品が果たして興味を持ってもらえる方に見てもらえるのか、が問題になってきます。

 

次回、詳しく作家目線で話を書いていきます。