イラストレーターとして生活するには

イラストレーターとして生活するには

イラストレーターの現実

イラストレーターとして生活することは可能かどうか調べてみました。

検索をいろいろかけてみてわかったことは、「厳しいが稼ぐことは不可能ではない」です。

インターネットを介してイラストで生計を成立たせるには並大抵ならぬ努力が必要でした。

イラストレーター:wosoba

イラストレーターの定義

そもそもイラストレーターさん、ってどういう職業なのか調べてみました。

皆さんは、イラストレーターをどんな職業だと思いますか?

少なくとも、絵描き、だというのは分かってもらえるかと思います。

調べた限りイラストレーターの基準は、資格ではなく、名乗りであること。

ただし趣味で絵を書いても、イラストレーターとは呼ばないようです。

商業的価値があることがポイントみたいです。

商業的価値というと、商品のパッケージや小説の表紙、CDやDVDのジャケットなど少なからずイラストの効果によって商品の購買力に影響を及ぼすような要因があることです。

趣味の絵、イラストを沢山描いたとしても、商品価値がないのなら、イラストレーターは名乗っても意味がないようです。




イラストレーターの仕事

実際のところ、イラストレーターの仕事って何があるのか調べてみました。

調べるまでは、絵を書く事、文字をデザインしたり、年賀状の干支のイラストを出したり、挿絵を描いたり、だと思っていました。

実際のイラストレーターの仕事は多岐に渡り、

・イラスト素材、画像・動画の素材をストックフォトサイトに登録して、画像、イラストなどを販売する

クラウドソーシングで依頼を受けたり、自分から立候補したりしながら、イラスト、似顔絵などを提供して利益を得る

無料のイラストダウンロード素材をダウンロード出来るサイトで利益を出す

オリジナルのグッズを作成して販売する

・自治体などの団体が募集しているマスコットやキャラクターを作って応募

・ブログ、サイトを作り直接注文を受けて利益を出す

など6種類を見つけました。かなり仕事の幅があります。
直接注文を受けるというのは、結構知名度やイラストの個性がはっきりしていないと注文する側としては注文しにくいですよね。ただイラストは万人受けするというより個人受けで十分ですから、ストックフォトサイト、クラウドソーシングなどは理想的な環境と言えますね。



ストックフォトサイトとは

有料の写真素材サイトをストックフォトサイトと言います。すごく高品質で、ロイヤリティフリーの写真素材を利用できます。購入した写真素材は、自分のサイト、ブログ内であれば、何回でも使用できます。
有料販売とはいえ、安いサイトは、海外の写真素材サイトで「素材画像1枚あたり200円」程度で買えます。コスト的にも利便性に優れます。
有料の写真素材をブログ、サイトに使用しても十分に元が取れますね。利用したことがないかたは、試しあれ。

ストックフォトサイト紹介

『fotolia』、『PIXTA』、『Photolibrary』、『Payless images』、『Can Stock Photo』、『123RF』、『Shutterstock』、『iStock』、『Getty Images』、『アマナイメージズ』などを見つけました。

詳しくは各サイト名から行けるようにいずれします。

無料イラストダウンロードサイトの運営手段

無料のイラスト素材ダウンロードサイトは、運営側はサイトに貼ったバナー広告で運営費をまかないつつ報酬にあてています。利用者は多種多様なイラスト素材をロイヤリティフリーで使えて、更にイラストレーターは自分のイラストでお金を稼がせてもらえる、という理想的で素晴らしいシステムで成り立っています。

クラウドソーシング紹介

『ランサーズ』、『ココナラ』、『クラウドワークス』、『Crowd Gate』、『MUGENUP』、『SKIMA』など多数ありました。多数過ぎて驚きました。



関連リンク

萌え系イラストを募集/ネット世界で這い上がれ!のアガレちゃんを描いてくれたイラストレーター/イラスト・デザインで稼ぐ方法/ココナラを紹介

情報、物品の売買で稼ぐ

情報、物品で稼ぐ方法

情報、物品で稼ぐ方法について調べていきましょう!

情報で稼ぐにはオークションで稼ぐにも記載しましたことをココナラで売るというのが一番初心者でも簡単です。

ただし、情報商材というのは、自分の得意分野を提供することですので、得意分野がある、というのが前提になると思います。

実際に、ココナラでのPR文章を掲載しておきます。

◆ココナラとは

・自分の得意なことやスキルが出品できるオンラインマーケット

・イラスト作成や動画編集、ビジネスや私生活の相談まで何でも出品OK

・会員数50万人突破、取引件数100万件以上

・誰でも無料で会員登録

◆どんな出品ユーザーがいる?

・スキマ時間に副業したい、スキルアップのために経験の場が欲しい人 →自分の得意を500円から出品できるため、自分の得意を活かして誰かの役に立つお小遣い稼ぎ

・フリーランスで稼ぎたい、副業でガッツリ稼ぎたい人 →制作系サービスの場合最大70万円まで出品価格を設定できるので、本格的なサービス、大掛かりなプロジェクトの出品も可能

◆売れ筋カテゴリ&出品者の例をご紹介
★制作系★

《似顔絵・イラスト》

・SNSのアイコン、プレゼントの目的で、常に人気の高いサービス ・ビジネス用途では名刺用に購入される方も多数

・プロのイラストレーターや元漫画家、イラストが得意な方が出品

《デザイン作成》

・ロゴやバナーのデザイン、地図やメニュー表の作成など、個人・法人から人気

・美容室やクリニックなどの店舗ロゴ、チームやサークルの団体ロゴなど

・プロデザイナーやクリエイターの他、スキルアップを目指す方が数多く出品

《IT・プログラミング》

・ホームページの作成、ワードプレスの相談などが大人気

・プログラミングやExcel、マクロの相談なども ・サイト制作やプログラミング関連の知識が豊富な方の出品が多数

・エンジニアやプログラマーのお小遣い稼ぎ、本格的な副業にも

★相談系★

《占い》

・女性の購入が非常に多く、ココナラで最も賑わっているカテゴリ ・固定客を掴みたいプロの占い師の方や、これからプロを目指す方に最適

《メイク・ファッション》

・一人ひとりに合ったメイク方法やコーディネートを相談できるサービスが人気 ・専門学生が経験を積む場として、美容師やアパレル販売員などが副業として出品

・カラーコーディネーターの方も活躍中

《健康法・トレーニング》

・パーソナルトレーナーのように効果的な筋トレの方法やダイエットメニューを組んでもらえるサービスが人気

・スポーツの経験を活かしたい人やジムインストラクターが副業として出品

となっています。

ここからお分かりのように、「物を売る」ではなく、「自分の得意を売る」のです。

もちろん買うことも出来ます。

何か優れた情報を提供したい、自分だけの技術や、得意分野があれば売るというスタイルを提案します。

続いて、物品を売って稼ぐ方法ですが、フリーマケットが一番わかりやすいと思います。

今、一番有名なのは、フリマアプリです。

中でもメルカリがオススメです。

知識はほぼ無関係で、売りたい品を写真撮影して出品するだけです。

初心者なら、不用品を売るところから始めてよいでしょう。

価格設定は、オークションサイトなどで相場を調べることをおすすめしたいです。

更にこれを応用して、転売していくと稼ぎとしてスキルアップも出来ます。

常に相場、市場の動向を調べる必要がありますが、

ヤフオク、アマゾン、ラクマなどでメルカリで購入したものを転売する方法

・逆にメルカリで仕入れて、ヤフオクなどのオークションサイトで転売する方法

・海外から仕入れた品をメルカリで売る方法(ブランド品は偽物もあるため注意が必要です)

このように、フリマやオークションサイトを利用した転売による物品による稼ぎ方があります。

どの方法が一番いいというのは、能力次第でしょうが、大切なのは、「現在何が一番売買されているのか」をリサーチすること、その中で売買されやすい価格を見つけ、差額を利益にしていくことが大切です。

これが上手な物品による稼ぎ方だと言えます。