FXで稼ぐ方法

FXで稼ぐ方法



▼ポイント▼

FXで稼ぐ最大のポイントは、大きく稼げる反面リスクも大きい、という二面性を持つことです。

FXの基礎知識はFX用語集をご覧下さい。

こつこつ稼ぐのが好き、という人の中には、リスクを大変嫌われる人がいると思います。

頑張って増やした資金を減らすのは誰でも嫌です。

ですが、FXは、株式投資と同様に資産運用です。

ですから、当然リスクがつきものです。

しかし、ちまたには

少額投資で出来る!
毎月20万稼ぐ!
毎日が給料日!
大逆転!
常勝!
1億トレーダー

などの甘い言葉が並んでいますが、現実を見ますと、1年間で黒字になる人の割合はサイトにより違うことが書いてあるので、平均して書きますと、

20~40%以内のようです。

▼FXの現実▼

残りの6割以上の人が損失を抱えています。

常に勝ち続けることも、毎日確実に勝つことも実際には難しいのです。

理由は経験者として言いますと、株式は、日中に売買されますよね。

FXは、24時間売買されています。

結果的に、仕事をしている最中に大きな変動があると、想定外なロスカットを受けたり、寝ている最中に同様のことが起きるのです。

つまり、相場に対して不安になり1日中気になって仕事がはかどらない、眠れない、などの日常に支障をきたします。

これを解決する方法は、やらない、という選択肢はなしだとするのならば、短時間で注文と決済を完結することです。

▼FXの落とし穴▼

デイトレーダーになる、もしくは、スキャルピングという超短期売買がよいという話になります。

しかしこれも現実を見ると、失敗したFXの初心者トレーダーの多くがスキャルピングという超短期売買をしたからなのです。

欠点は、変動が意外に激しい為替相場の流れに乗れない、安易に上がったら売り、下がったら買うを繰り返していると、一時的に利益は跳ね上がりますが、1ヶ月という単位で見てみると、損失を1回出すだけでもう今までの収益を吹き飛ばして、赤字になる、というパターンが多いからのようです。

理由は株式投資と同じですが、ルール作りを明確にしていないことも考えられます。他に、レバレッジをかけすぎている可能性です。

イラストレーター:Ricco




2010年にレバレッジ規制されまして、私も経験しましたレバレッジ400倍という時代は終わり、現在は最大25倍です。

更に2017年9月28日には最大レバレッジを25倍から10倍まで引き下げる可能性の話まで出てきています。

博打と同じ発想で、全財産を一瞬で消し飛ばす可能性も秘めていたレバレッジによる投資家脱落はこれで減るとは思います。

現在もロスカット機能がある以上、全財産を一瞬で無くすことはないのですが、基本『投資は余剰金でする』は、徹底するべきです。

▼FX投資家のルール▼

これは、投資の最低限のルールです。

これを守りつつ、運用することがFXでの正しい稼ぎ方だと思います。

小さく稼いで大きく負ける、は本当によくあることです。

仮に1億稼いだ、と言っている人もいきなり1億、それも1取引で稼いだわけではないのです。

こつこつ地道に努力して、調べて、研究した結果なのです。

誰でも投資家として夢はみますが、現実は甘くないです。

それでも立ち向かっていきたい、というのならば、知識を得て、冒険しつつ運用していくことをオススメします。

私の言う知識は、稼ぎ方という意味での投資方法ではなく、取引する証券会社の売買の操作方法や売買の注文時の用語をしっかり覚えておく、という意味での知識です。

大変多くの人が近道を探していますが、見つけた近道は、ほとんど過去の近道であり、現在も有効な近道などないと言えます。

だからこそ常勝もないのです。

稼ぐには日々の努力しかないのです。

それを踏まえて、テクニカル分析、ファンダメンタル分析、売買の名前、操作をしっかり把握し、自分にあった売買方法を確立していくことがFXでの稼ぎ方と言えます。


私にやる気を分けてください!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へにほんブログ村

▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!は私も常に参考にしています。証券会社にログインしなくても、即座に円相場のローソク足が「1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週、1月」の10種類をなんと同時に1ページで掲載されますので、売買のタイミングが測りやすいです。

関連記事

FX用語集
株式投資で稼ぐ方法
オークションで稼ぐ方法
情報、物品で稼ぐ方法

FXとは何か
レバレッジについて
FXの特徴について
FXのリスクについて
ロングとは
ショートとは
スワップについて
通貨ペアとは
だましについて
システムトレードについて
テクニカル分析について
IFD注文について
OCO注文について
ドルコスト平均法
スプレッドとは
バイ・アンド・ホールドとは
FXのpipとは
FXの基礎的利益の出し方