FXのRSIとは

FXのRSIとは



FXの世界では分析には大き分けて2種類あります。テクニカル分析ファンダメンタル分析です。

FXで初心者がマスターするべきテクニカル分析でも説明していますが、RSIはテクニカル分析に分類されます。

テクニカル分析の中でも、更に「オシレータ系」として分類される分析方法となります。

RSIは、「Relative Strength index」の略でして、現在の相場は上昇傾向なのかと下降傾向にあるのかを表した指標です。
つまり、「買われすぎ」「売られすぎ」を数値化して、相場の方向性を教えてくれる、オシレータ系の代表的テクニカル指標です。

買いサインと売りサインを判断基準

RSIはある一定期間の変動幅の中でどれ位買われ過ぎたか、売られ過ぎたかを判断する指標で、パーセンテージ(%)で表現します。一般的に、上部70%以上になると「買われすぎ」、下部30%以下に入ると「売られすぎ」と判断されます。それぞれの範囲に入った後に相場が反転した場合、「買われ過ぎ」の場面では売りを、「売られ過ぎ」の場面では買いを考えるとされています。

ポイントは、RSIを算出する際の計算日数が9日~15日が基本になるのですが、計算日数が少ないほど、70%を上回る、あるいは30%を下回る頻度が増えていきます。
それだけ短期の動きに追随しやすくなりますが、一方で「ダマシ」も多くなりますので、判断を誤ったと思った時にはすぐに損切り出来る判断能力が必要になり、その素早さが求められます。

方向性が定まらない相場で威力を発揮

RSIは、ある一定の期間の中での上昇幅や下落幅を基に、買われすぎ、売られすぎを判断します。したがって、ある一定の幅の中で相場が上がったり下がったりを繰り返す、やや揉み合い時などに力を発揮します。逆に、相場が大きな上昇や下降を続けている時(大きなトレンドがあるとき)は、逆にダマシになりやすいので要注意。こういうときは、順張り系のテクニカル指標である「MACD」などを併用して、予測の精度を高めることが大切となります。

ちなみに、FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!では、分析はローソク足だけです。これで値動きはよくわかりますから、トレンドラインは見ての通りになるかと思います。しかし、RSIを始め、オシレータ系はこのサイトではわかりませんので、投資を始める、始めているFX会社のテクニカル分析を使ってしてもらうことになります。

イラストレーター:Ricco



私にやる気を分けてください!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へにほんブログ村

▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!は私も常に参考にしています。証券会社にログインしなくても、即座に円相場のローソク足が「1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週、1月」の10種類をなんと同時に1ページで掲載されますので、売買のタイミングが測りやすいです。

関連記事

FX用語集
株式投資で稼ぐ方法
オークションで稼ぐ方法
情報、物品で稼ぐ方法

FXとは何か
レバレッジについて
FXの特徴について
FXのリスクについて
ロングとは
ショートとは
スワップについて
通貨ペアとは
だましについて
システムトレードについて
テクニカル分析について
IFD注文について
OCO注文について
ドルコスト平均法
スプレッドとは
バイ・アンド・ホールドとは
FXのpipとは
FXの基礎的利益の出し方