通貨ペアとは

通貨ペアとは

通貨ペアについて

取引する2通貨の組み合わせのことを通貨ペアと言います。
FXの取引では通貨ペアのうち、どちらかの通貨を売って、どちらかの通貨を買うことになる。

分かりやすく表現するなら、円を使って米ドルを買う、という場合だと、
売ったのは円
買ったのは米ドル

となります。

また、FXではユーロ/米ドルなど、円を含まない通貨ペアも取引可能です。

ただし、取扱通貨ペアはFX会社ごとに異なるため、この通貨を買いたい、保有したいと思うのならば、その通貨の取り扱いのあるFX会社を選ぶ必要があります。

しかし、これから書く事は大変重要で知識として覚えておいてください。

イラストレーター:Ricco



スワップと取引の現実

マイナー、メジャーで表現するのならば、マイナーな通貨は、知名度が低いため、取引もあまりされていないことからスプレッドが大きくなる傾向にあり、スワップ目的のため選んだとしても、初期のポジション保有地点でスプレッドによるポジションの含み損が大きくなるものもあります。

気をつけてください。

2017/12/21現在、取扱通貨ペア数が一番多い国内のFX会社は、サクソバンク証券です。

なんと、162通貨ペアです。

この会社については、私は知識がありません。
ただ一つ言えることがあります。
通貨ペアの多さは魅力の一つですが、多ければいいというものではないです。

何故なら、私達は日本人ですから、日本のことならある程度分かります。
一方でユーロ、米ドルを含め知名度のある通貨のことを何処まで知っているのかです。
それらを基軸とした「ユーロ/米ドル」を取引する際に、スワップがどうなるのか、どういう変動が起きるのか予測がつくのか、手数料はどうなのか、などの問題が出てきます。

明確な答えをお持ちでないのなら、このような通貨ペアをあえて選ぶ必要はないと思います。

ましてや初心者の投資家が手を出すべきではないと断言しておきます。

良い投資は、正しい知識から、です。



私にやる気を分けてください!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へにほんブログ村

▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!は私も常に参考にしています。証券会社にログインしなくても、即座に円相場のローソク足が「1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週、1月」の10種類をなんと同時に1ページで掲載されますので、売買のタイミングが測りやすいです。

関連記事

FX用語集
株式投資で稼ぐ方法
オークションで稼ぐ方法
情報、物品で稼ぐ方法

FXとは何か
レバレッジについて
FXの特徴について
FXのリスクについて
ロングとは
ショートとは
スワップについて
通貨ペアとは
だましについて
システムトレードについて
テクニカル分析について
IFD注文について
OCO注文について
ドルコスト平均法
スプレッドとは
バイ・アンド・ホールドとは
FXのpipとは
FXの基礎的利益の出し方