だましについて

だましについて

▼FX用語としてのだまし▼

FX用語としての「だまし」は一般的な詐欺のような話と異なります。

FXに限らず、株式投資でも同様の言葉が使われます。

意味は同じです。

テクニカル分析で、分析上完全な買い気配であった場合に、その予想とは反対に売りに進むことをいいます。

もちろん、反対の売り気配で買いに進むことも同じです。

つまり、テクニカル分析通りにいかないことを言います。

これが存在するため、テクニカル分析を過信してはいけない!と書かざるを得ません。

勉強すればするほど、テクニカル分析以外の要因、ファンダメンタルなどの要因がいかに大きいかが実感出来ます。

これが存在する理由は簡単です。

テクニカル分析というものはあくまで過去の相場の動きを元に作成されていますので、未来もそのとおりに動くはずがないためです。

ですからだましは簡単におきます。
では、どう対処したらよいのか、という話になります。

イラストレーター:Ricco



▼だましを回避する方法▼

多くの投資家、素人、プロ問わず、全ての投資家が模索しています。

これを知っていればだまされない!というものはありません。

あったとしても誰もそれを口に出さないでしょうし、私はファンダメンタル要因が発生するタイミングは分かっていますから、その時は売買を控えているくらいです。

長い時間かけて相場を見ていますので、なんとなく分かるときがあります。

そのヒントは、多くのFX関連書籍にも書いてありますが、

複数の指標を使うことで、だましを避ける確率を上げることは可能です。

しかし、どれとどれを組み合わせれば確率がよいのかは、その時々の相場で変わってくるためやはりこれ!というものはありません。

テクニカル分析を過信してはいけません。

ただ、これは私の経験的な話なので、無視してもらってもよいのですが

多くの投資家が当たり前のように知っている移動平均線を使った分析は知名度だけに有用です。

確率的な話ですが、私の売買予想も全てこれに頼っていることもあり、高確率で信頼できるものだと思います。

ただし、1分足とか5分足とか複数比較する必要はあります。

同一テクニカル分析でも単位を変えることで2つ、3つの分析指標として参考にする必要はあります。

私の場合、計5種類以上で分析しています。

あくまで参考までに。



▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!は私も常に参考にしています。証券会社にログインしなくても、即座に円相場のローソク足が「1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週、1月」の10種類をなんと同時に1ページで掲載されますので、売買のタイミングが測りやすいです。

関連記事

FX用語集
株式投資で稼ぐ方法
オークションで稼ぐ方法
情報、物品で稼ぐ方法

FXとは何か
レバレッジについて
FXの特徴について
FXのリスクについて
ロングとは
ショートとは
スワップについて
通貨ペアとは
だましについて
システムトレードについて
テクニカル分析について
IFD注文について
OCO注文について
ドルコスト平均法
スプレッドとは
バイ・アンド・ホールドとは
FXのpipとは
FXの基礎的利益の出し方