FXのショートとは

FXのショートとは



ショートとは

FXでショートという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

多くの書籍、サイト、ブログでも日常会話のように使われているショート

FXで稼いでいきたいなら、ショートを正しく知りましょう。

ショートとは、売りポジションを保有した状態のことです。

分かりやすく書くなら、ドルを保有していない状態で、空売りした状態です。

通貨を保有することをポジションと言いまして、持ち高のことです。

FXの世界では「ポジションを保有」という言葉は2種類存在します。

買いポジションを保有すること、売りポジションを保有することとなります。

この「売りポジションを保有する」ことをショートと言っています。

ショートと聞くと、短いというイメージがわきますが、短期売買ではありません。

私たちが一般的に円で他の通貨を空売りした時、買わないでいきなり売った状態をショートというのです。

ショートの反対も存在します。

ショートの反対は、ロングです。

ロングも同様で、買いのポジションを保有する、ということを言います。

イラストレーター:Ricco



▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!は私も常に参考にしています。証券会社にログインしなくても、即座に円相場のローソク足が「1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週、1月」の10種類をなんと同時に1ページで掲載されますので、売買のタイミングが測りやすいです。

関連記事

FX用語集
株式投資で稼ぐ方法
オークションで稼ぐ方法
情報、物品で稼ぐ方法

FXとは何か
レバレッジについて
FXの特徴について
FXのリスクについて
ロングとは
ショートとは
スワップについて
通貨ペアとは
だましについて
システムトレードについて
テクニカル分析について
IFD注文について
OCO注文について
ドルコスト平均法
スプレッドとは
バイ・アンド・ホールドとは
FXのpipとは
FXの基礎的利益の出し方