レバレッジについて

レバレッジについて

レバレッジとは



レバレッジ英語: leverage)とは、経済活動において、他人資本を使うことで自己資本に対する利益率を高めること、または、その高まる倍率。

原義は「てこ(レバー、lever)の作用」。レヴァレッジリバレッジなどカナ表記はいくつかある。レバレッジ効果レバレッジ率などとも。ギアリング(gearing)と呼ぶこともあるが趣旨は同じである。

ウィキペディアより引用

つまり、レバレッジは「テコの原理」のことで、「小さな金額でより大きな金額を動かせること」を意味しているのです。

これをレバレッジと呼んでいます。

外国為替証拠金取引 (FX) と他の外貨建て金融商品の最も大きな違いは、「レバレッジ」にあります。

レバレッジの倍数だけ投資効果を上げることが期待出来ます。

レバレッジ2倍なら、2倍の投資効果が期待出来ます。

レバレッジ10倍なら、10倍の投資効果が期待出来ます。

イラストレーターRicco

▼レバレッジと利益の関係▼

FXとは何かに記載した部分と同じですが、

例えば、レバレッジ1倍、つまり普通の取引の場合ですが、

「1ドル=100円」の時に、1000ドル購入すると、10万円必要なのは分かりますか?

ここで重要なポイントは、証拠金取引というからには、低資金で1000ドルという単位を購入出来るのです。

レバレッジを設定し、証拠金という形で購入するば、先ほどの必要だった10万円が、最大25倍のレバレッジをかけられますから、10万円÷25=4万円となります。

逆の見方をすると、取引金額に対する投資資金の倍率を計算することで算出されます。

今回の場合、取引金額(10万円)に対する投資資金(4万円)なので、倍率が25倍となります。

つまり、少ない元手で大きな取引が出来るというのが、レバレッジの特徴です。

欠点ももちろんあります。

レバレッジの大きさに比例して利益も取引額も大きくなる一方で、リスクも比例して大きくなります。

レバレッジ25倍で、1ドル100円の時に、10万円の資産を全てドルを購入すると、250万円相当のドルを購入出来ます。

つまり、250万÷100=25000ドル が購入出来ます(手数料等は計算に含んでいません)

この1ドル100円の状態から仮に1円の円安ドル高が進み、101円になると、どうなると思いますか?

たかが1円されど、1円×25000ドル=25000円の為替差益(利益)が出ます。

これは、10万円の資本金から見ると、25%の上昇です。

逆もあります。

1円の円高ドル安になると、1ドル99円になりますので、1円の下落は、25000円の損失となります。

気づきましたか?

10万円の資産が一気に75000円になっています。

つまり、75%になりました。

大変簡単に大きな損失が出ます。

レバレッジを安易に大きくすればいいということではないとわかってもらえればよいかと思います。

ポイントは、レバレッジはFXの投資金額そのものを大きくすることも可能ですし、投資戦略は大きく変わってきます。

大切なのは、どのように投資していくかということです。

投資はリスクを伴いますが、リスクをとらなければリターンもありません。

マネーマネジメントをしっかり行ない、効率の良いFX投資を行なうように心がけましょう。


私にやる気を分けてください!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へにほんブログ村

▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!・・・私も参考にしています。

関連記事

FX用語集
株式投資で稼ぐ方法
オークションで稼ぐ方法
情報、物品で稼ぐ方法

FXとは何か
レバレッジについて
FXの特徴について
FXのリスクについて
ロングとは
ショートとは
スワップについて
通貨ペアとは
だましについて
システムトレードについて
テクニカル分析について
IFD注文について
OCO注文について
ドルコスト平均法
スプレッドとは
バイ・アンド・ホールドとは
FXのpipとは
FXの基礎的利益の出し方