テクニカル分析とは

テクニカル分析とは

▼テクニカル分析の基本▼

まず最初に、テクニカル分析での信頼率は100%ではない!ということを覚えてください。

何故なら、テクニカル分析は過去のデータを元に類似点を見つけ予測する事です。

現在、沢山の種類のチャートと呼ばれるデータがありますが、全てのチャートは過去のデータから未来を予測しやすくするために考えられた分析方法です。

多岐にわたるテクニカル分析も、それぞれの特徴があります。
FX(外国為替取引)におけるテクニカル分析には、値動きのトレンド、強さを分析するための「トレンド系」と、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するための「オシレーター系」に大別出来ます。

また歴史は繰り返されるとの認識から、価格の変動の波を見る「サイクル分析」、チャートのローソク足の動きを追い売買タイミングを図る「パターン分析」などの分析方法もあります。

前述のように、どのチャートが将来の予測を一番正確に予測出来るか結論は出ません。
投資家ごとに投資スタイルに合うもの、使いやすいと感じたものを使用したほうがよいです。

テクニカル分析で最も大切なのは、自分に合うチャートを見つけることです。
そしてそれらを併用し、自分だけの売買ルールを作ることです。

イラストレーター:Ricco



▼私の分析方法▼

私が一番よく予想に使う『平均移動線』『ローソク足』をからめた予測はあくまで過去のデータを元に予想しているため、予想外の事態が起きれば過去のデータから脱線して、だましの状態に入ります。

だからこそ、沢山のテクニカル分析指標を組合せてリスクを減らすものです。

ですが、初心者には何をどのように組合せればよいのか難しいので、まず私と同じローソク足と移動平均線から予測していくと勉強になると思います。

ただし、取引するスタイルも重要で、スキャルピングのような短時間売買をしているのに、日足でデーター出してもあまり役に立ちません。

時間足、分足、など時間の単位を短くしないと役に立ちません。

役に立つ状態にしても過信は出来ません。経験的には7割強程度の正解率だと思いますから。

ちなみに移動平均線は二種類以上の平均線を元に予測します。
例えば一般的には5日平均と25日平均の線から売り買いを見ますが、これは5日なら5日分の一定時間の値を元に平均値を出したのをグラフ化したものです。同様に25日も25日分の値を平均しているためグラフが滑らかになっています。

ある意味、買われすぎ、売られすぎといった投資家の心理を反映した感じがあります。

しかしやはりこれだけでは分かりにくいためローソク足を組み込み相場を見ると何かつかめると思います。

これはあくまでヒントであり、相場の動きを見ていくための最初の一歩として試してください。


▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!は私も常に参考にしています。証券会社にログインしなくても、即座に円相場のローソク足が「1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週、1月」の10種類をなんと同時に1ページで掲載されますので、売買のタイミングが測りやすいです。

関連記事

FX用語集
株式投資で稼ぐ方法
オークションで稼ぐ方法
情報、物品で稼ぐ方法

FXとは何か
レバレッジについて
FXの特徴について
FXのリスクについて
ロングとは
ショートとは
スワップについて
通貨ペアとは
だましについて
システムトレードについて
テクニカル分析について
IFD注文について
OCO注文について
ドルコスト平均法
スプレッドとは
バイ・アンド・ホールドとは
FXのpipとは
FXの基礎的利益の出し方