バイ・アンド・ホールドとは

バイ・アンド・ホールドとは




▼バイ・アンド・ホールド▼

バイ・アンド・ホールドという資産運用の用語を解説します。

バイ・アンド・ホールドはいわゆる「買い持ち」のことです。

短期売買をせずに、一度買ったポジションを長期にわたって保有することです。

FXの世界では、損切りが出来ないとよくない!とよく言われます。
多くのプロが言っている事実ではありますが、分散投資、長期運用の上では必要な資産運用手段だと思います。

 

 

▼スワップが高いFX会社▼

私が売買するスプレッドが比較的高いFX会社として、ヒロセ通商GMOクリック証券外為オンラインDMM FXなどをあげておきますが、スプレッドとはにも掲載しましたが、基本的な投資法として、リスク分散とために全ての通貨ペアを同じFX会社でしなことを私は推奨しています。それと同様にスワップ目的でも分散投資をお勧めします。

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!でもスワップの話が出てきますが、随時変わるため、表にしたり、ここが一番!とは言いにくいです。

これだけは毎日調べてもらうしかないです。

▼バイ・アンド・ホールドを利用する▼

例えば、私も保有している『南アフリカランド』がこれにあたります。
スワップ目的ということもありますが、やみくもに保有しているのではありません。
あえて、短期売買をしないで買い持ちすることも一つの投資法です。

バイ・アンド・ホールド。
FXの世界では、どうしてもレバレッジをかけていると、損失が元本を割れやすいため、好まれませんが、レバレッジを1倍にしてしまえば、株式や投資信託と変わりません。

イラストレーター:Ricco

▼初心者にやさしい情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!




関連記事

FX用語集