イオン株をもっと購入したいと思っています

イオン株をもっと購入したいと思っています


いきなりおかしなタイトルで申し訳ないのですが、本音です。

私の理想は、もっとイオン株を保有することです。

ただ保有すればよいというものでもないので、分析をしてみたいと思います。

掲載を全くしていなかった、ここ1ヶ月を掲載します。

まず、前回掲載したのがいつか正確には分かりませんが、11月8日に売却した200株についてですが、
利益は+22136円というのが正確な額でした。

特定口座にすると税金は考えなくてよくなりますが、売買ごとに税金を既に納めたことになりますので、かなりひかれることがよくわかりましたが、計算方法が全くわかりませんでした。

インターネット上で結構調べたのですが複雑過ぎて困りましたので、100株で売却すれば計算しやすくなるのかなって思いまして、ずっと様子を見ています。

一応、買い増しという作業だけしています。

11月14日 2680円で100株
11月15日 2650円で100株
11月29日 2700円で100株
12月4日 2636.5円で100株

購入しました。
ご覧のとおり、400株増加しています。

以前から保有しているものを含めると、700株になりました。

平均取得価格が随分高くなってしまっていますが、本日12月12日の終値でプラスになっていますが、あくまで評価額でしかないため、売却していない額に一喜一憂するのは意味がありません。

今までのルールでは、取得額から見て、5000円の利益が出ると売却というものでした。

ですから、単純に50円上がれば売却ということになります。

何となく相場を見ていると、50円前後は動いていますが、私の中では現在、持ち越したいのです。

テクニカルで話をします。

私の分析だと、ポリジャーバンド的にはどちらかというとこれから上がるか下がるかの瀬戸際、という感じです。
RSI的には比較的もう少し上昇してもよい状態ですが、少し微妙なラインです。
MACD的には買い気配です。

どれを信じる、というより私は下がったら、買う!

上がったら売る!

という基本どおりにしたいだけです。

損切りとかは一切考えないため、中長期的に見て、買うべきタイミングが来た時に確実に買いたいと思うのです。

今はどちらかというと、値が2694円まで買われて、2700円近くまで戻ってきたという状況です。

ですから、もしまた、2650円以下になるなら、買い増ししたいし、2750円以上になるのなら、売りたいなーって感じです。

明日以降の相場もしっかり見ていたいなって思います。

投資は自己判断でお願いします。

イラストレーター:wosoba
岩井コスモ証券



私に関係するリンク

私のプロフィール・・・私のことです
今日は真剣に今後のネット収入を考えた・・・このお小遣い稼ぎ程度に思われがちなポイント獲得を始めた理由
稼げているポイントサイトランキング・・・毎日14箇所以上のサイトをまわってポイント獲得して得られた報酬をランキング化しました。これにより一番稼ぎやすい場所がわかるはずです。
ポイントサイト最低換金額まとめ・・・20サイトの最低支払額、交換率、交換手数料をまとめました。
初報酬獲得・・・このサイトの初報酬
したこと・・・日々のサイトの更新内容
成果履歴・・・毎日の報酬結果のまとめ

私にやる気を分けてください!
にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へにほんブログ村

副業で稼ぐ関連記事

FXとは何か
FX用語集
株式投資で稼ぐ方法
オークションで稼ぐ方法
情報、物品で稼ぐ方法
minneで稼ぐには
ココナラハンドメイドで稼ぐには

レバレッジについて
FXの特徴について
FXのリスクについて
ロングとは
ショートとは
スワップについて
通貨ペアとは
だましについて
システムトレードについて
テクニカル分析について
IFD注文について
OCO注文について
ドルコスト平均法
スプレッドとは
バイ・アンド・ホールドとは
FXのpipとは
FXの基礎的利益の出し方

▼初心者にやさしいFX情報サイト▼

FX初心者にもやさしい情報サイト・ザイFX!は私も常に参考にしています。証券会社にログインしなくても、即座に円相場のローソク足が「1分、5分、10分、15分、30分、1時間、4時間、1日、1週、1月」の10種類をなんと同時に1ページで掲載されますので、売買のタイミングが測りやすいです。



株式投資の初心者に必要な資金はいくらか

株式投資の初心者に必要な資金はいくらか

株式投資は最初が肝心

株式投資は最初がとても肝心です。最初の選択を誤ると勝利か敗北かがこの地点で決まると言っても過言ではないかもしれません。

特に初心者の投資家ならば、自分の余剰金で始める投資とはいえ、いくら最初に必要かを考えるのは当然だと思います。

私自身、始めての株式投資は20歳でした。分からないことばかりでしたが、「大好きな会社に投資したい」という思いで始めたことを覚えています。その中で何をどうしたら投資として利益を出せるのかを追求したことを思い出します。とにかく知らない専門用語だらけの投資の世界でした。真っ先にしたことは、株式投資の本、雑誌による専門用語と基本となるチャートや指標の見方を勉強しました。約1年かけて勉強しながら投資を繰り返したのを思い出します。どの本でも共通して言われていることですが、「投資のルールを厳守する」を守れないと確実に負けが増えていきます。1回の投資での負けではなく、トータルで負けが大きくなります。

これらをなくす、勝率より最終利益をプラスにするためにはどうしたらよいのか、これは上記のように「投資のルール」作りを自分でしっかりすること、ルールを絶対に曲げないことが大事だと気づかされました。それまでに長い時間がかかりましたね。ルールって本当に大切なのです。このルール作りも実際どうしたらいいのかは自分で決めていくしかありません。

イラストレーター:にゃうあ



株式投資の初心者が最低限必要な資金はいくら

私が株式投資を始めた時は、20歳でしたから全ての余剰金(お年玉)を使ったことを覚えています。確か50万円くらいだったと思います。当時、私はミニ株をメインに始めたと思います。ですから損失も比較的小さく、利益も小さかったです。特に損失が出ていても含み損の状態で長期保有していたため痛い目にあったことを教訓にしています。

私が「初心者がこれから株式投資を始めるのでいくら必要だと思いますか?」と聞かれたら答えは、欲しい株によるけど、少ないほうがいいと答えます。いろいろな意見があると思いますが、初心者は失敗する可能性が高いため、私なら、資金より慣れることを重要視しますので、私の時と同じくミニ株から始めることをオススメしたいので、低資金をすすめます。ただし、大きく勝ちたい!大きな利益を出したい!というなら、最初から沢山資金があれば、利益も大きくなる可能性もあります。使い方によりますが、分散投資によるリスク軽減方法、一点買いで多くの株を保有するという方法もどれも資金が多いから出来ることです。だから、

資金は多い方が間違いなく成果は上がる

資金の多さは単純に、利益率が同じなら、低資金より有利です。
10万円の10%の利益が1万円に対して
100万円の10%の利益が10万円であるように、資金が倍なら、利益も倍になります。これが資金が多いことの最大の強みです。

資金が増えると当然リスクも倍になる

当然ですが、資金が増えれば、資金全てが投資対象なので、負けた額も比例します。
10万円の投資の損は最大10万円
100万円の投資の損は最大100万円です。

投資はリスクと利益は表裏一体です。

ローリスクであれば、ローリターンです。
ハイリスクであれば、ハイリターンを望めます。
これが投資の基本だと言えます。
ローリスクは一番望ましいですが、ハイリスクばかりを避けるのも事実上不可能ですから、投資ルールを明確にしつつハイリスクであるものをローリスクにしていくことが大切です。

株式投資は少額投資も可能か

もちろん、不可能ではないです。少額投資は可能ですが、最低30万円以上から始めて頂きたいです。他の投資かも同じことをおっしゃいますが、資金が少なければいいとはいえ、戦略をいれた投資をする以上30万円はないとうまくいかないと思います。

30万円の資産で運用する戦略

基本的にはやはり30万円では少ないと思いますが、出来る限り資産をうまく運用するための戦略をたてなければ負けにつながります。




勝率、金額にこだわるような戦略、作戦は私の考える資産運用としてはアウトです。
まず基本的なルールとして、%(パーセント)単位で管理することをオススメします。
私の過去の経験からいうと、勝率だけにこだわると、負けているときは保有、勝っているときはすぐに決済、という悪い習慣がつきます。これが一番悪い投資家としての負けパターンです。
損切り出来ないでいると大暴落を含め急激な変動に全く対応できないばかりか含み損のために他の投資を出来る可能性を自ら0にしてしまいます。
次に、金額にこだわる投資ですが、仮に5000円利益が出たら決済、5000円の損失が出たら決済というルールです。これも一見よさげですが、これだけしかないルールだと将来的に負けが続くと、資産が最低30万円からだと話をしてきたのに、その30万円すら維持できていない状態に陥ります。これは絶対にやめたほうがいいです。

そこで%(パーセント)単位の投資です。常に総資産を元に%を一定にして資産を管理することが理想となります。

仮にこれを3%とすると、30万の3%なら、損失が9000円となります。これはあっという間に29万1千円に減ってしまっても、次は同じ3%で見ると、8730円の損失でまた決済になります。つまり、3%と固定化しておけば、リスクを保有した状態でも常に3%までしかリスクを負わないため、長い目で見て、投資のチャンスを逃さないことになります。そういう意味でも%単位の投資はとても有用です。ただし、今回3%と定義しましたが、私がすすめるのは、中途半端で申し訳ないですが、2.5%です。2%にすると、わずか6000円の損失で足切りをします。3%だと9000円。これは大きすぎます。そこで、中間の7500円としています。

実際まずこのルールで初心者は、投資を経験してみてはいかがかな、と思います。
何もないよりあった方がいいのはルールです。そのルールを決められないのならば、試してみて勉強していただくしかないのです。
私個人はもう少し戦略を練ることにしていますがちょっとここでは書きにくいです。
それは銘柄によるというより、変動幅を私は調べますのでこの意味が分かるなら、それを見て%を決めてもらってもいいのですが、これは慣れてからのお話かと思います。

株の銘柄選びについて

30万円で始める株は、結構いろいろあると思います。好きな銘柄を選ばれたら良いと思います。株主優待や知名度で選んでもらってもよいと思います。
ですが、株主優待は当然年に何回かある決算時に株を保有していることが最低条件となるため、投資を始めるタイミングによっては長期保有が余儀なくされることになるため、株主優待目当ての長期投資家には合わない話になります。
初心者がまず最初に考えるべきはこの30万円とういう額のどれだけ株式運用にあてるのかが問題になってきます。

私の答えは2つ。

1.ミニ株にして、更に1銘柄だけ保有する
2.基本株単位で1銘柄だけ保有する

このいずれかを推奨します。
とにかく沢山買わないことです。
特に30万円使い切るまで保有することを避けるべきです。

先ほどの損切りのルールと同じですが、2.5%のルールのままで2株保有すると、当然2.5%のルールが変わらないため、損失だけ2倍になります。ですから少ない資本であるという事実は変わりませんから、リスクを減らすためにもまずは慣れることが本当に大切です。

自分だけのルール作り

最終的にはこれを目標にしてもらいたいのですが、自分だけのルールを作っていただきたいと思います。ですが、それは必ず守るルールであり、絶対に曲げてはいけません。それが投資の最低限のルールだからです。

自分だけのルールを見つけてください。




株式投資で稼ぐ

株式投資で稼ぐ方法

株式投資で稼ぐ、と聞くと資産運用というよりギャンブルだ、と思われる人がまだまだいらっしゃいますが、資産運用はギャンブルでは断じてありません。

こうすれば必ず儲かる、という謳い文句はウソに近いと言えますが、正しい知識と損をどうしていくか、その対策とルールをあらかじめ明確に決めることが資産運用の絶対条件です。

「株式投資」というキーワードで検索サイトで検索をかけると、証券会社の選び方関係が順番に掲載されます。

ここから分かりますように、株式投資を始めるにあたり、最低限株式投資をするための証券会社への口座を開設しないといけません。

ですが、証券会社のメリット、デメリットは各々使い方により異なるため、一概にここがいいとは言いにくいものです。

少なくとも売買の手数料が安い、入金送金などの手数料について、売買するためのツールが使いやすい、なども大切ですが、いろいろ口座を持って比較するしか分からないこともあります。

ですので、比較サイトさんも役に立ちますが、やはり自分で使って判断するべきだと私は思います。

あらかじめ、書いておきますが、絶対勝つ!、絶対稼げる!なんてありえません。

株式投資19年していますが、投資の世界には利益を出したら勝ち、損失を出したら負け、ではありますが、勝ち方、負け方が重要で、こつこつ勝ち続けても1回の負けで全ての勝ちがなくなるほどの損失を出したら意味がありません。

ですから、ルール作りが大切だと体験をもとに言いたいです。

また、株式投資のイメージとして何だか難しそうということがありますが、1分1秒を戦うトレーダーになるのではないのなら、じっくり投資をすることをおすすめしたいと思います。

この株式投資で稼ぐうえで、いろいろな用語、名前、仕組み、ルールを知っていないとなかなか難しいというのは間違いないです。

このサイトでも近々それらについて詳しく解説していきますが、多種多様なルール、用語、仕組みがありますので、いきなり全てを掲載出来ません。

近々、ということでお願いします。

知識として稼ぐためには、これを知っていないといけないとか、この機能を知らないとダメ、というのはあります。

実際、売買してもらうとわかりますが、現在売買方法は多岐にわたります。

株式売買は、基本は、株を買ってそれを売り、差額が利益となります。

しかし、逆もあります。先に持っていない株を売っておき(空売り)続いて買い戻して、差額が利益となるという方法もあります。

不思議な感覚ですが、株式売買は、売ったり買ったりという順番が逆がありえます。

また、利益の出し方が、売買だけに限りません。

株式優待配当金です。

どちらも聞いたことがあると思いますが、保有している株、この場合、分かりやすく言うと、買った株です。売った株ではありません。

買った株を保有していることで規定数以上だと、保有している株式会社から決められた期日に保有していると株主優待を受けたり、配当金を得ることが出来ます。

株主優待は、会社ごとに異なるため、一概にこれ、とは言えませんが、商品やサービスなどを受けることが出来ます。

配当金は、保有する株式会社が利益を株主に配当金として分配することです。

配当金は必ずあるものではありませんが、株を購入する際に銘柄を選ぶ基準にすると楽しみが増えると言えます。

以上3種類が株式投資の魅力であり、稼げる内容です。

今一度まとめておきます。

株式投資の魅力は、3つあり

  1. 株の売買による差益
  2. 株主優待
  3. 配当金

です。

稼ぐ方法は、1がメインとなりますが、長く保有する(数年単位)目的ならば、2や3を重視してもよいと思います。

では、最初の方に書きました「ルール作り」について掲載します。

ルール作りは投資資産、経験から決めるため、これがいい!というのはないです。

仮に、売買ルールを10%の損失が出たら損切りする。10%の利益が出たら利益確定を必ずする、だとします。

10%をあらかじめ、設定しておくことも可能ですが、あえて放置した結果、20%の損失が出てから損切りをしたり、ということを繰り返すと利益は10%で損失が20%ですから、損失が上回り続ける結果となり、利益が出ない、資産が減るということになります。

ですから最初に決めたルールを必ず守ることが大切です。

ですが、まだこれから株式投資を始める人がいきなりルールを決められないと思いますので、私なら、5000円利益が出たら、利益確定。5000円の損失が出たら損切りをする。というのがよいのではないかなと思います。

%で決めるのがよいのか、額で決めるのがよいのか分かりませんが、私はこのルールを今も守っています。

ただし、このルールをあえて守らないこともあります。

それは相場の動きが一定の場合にのみしていることですが、繰り返される上下の動きをある程度予測出来る相場の時は、この5000円という額を小さくして2000円などにしてもよいと思われますが、この時、この相場が急に乱れて一方的に変化するような場合は焦らず、損切りも大切です。

株式投資では資産運用が基本ですから、確実に稼げる、というものではありませんが、中長期的に資産が増えるように運用することが重要だと思います。